2010年08月24日

マッカッか

やばいよまずいよ。
rad_dou.jpg
降水予報マッカッカ

それよりなにより、今日仕事なのがまずいですよ
posted by Gouranga at 04:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1815ちゃん



電気工作業界でお世話になったことの無い者はいないと思われるほど
現在ポピュラーになっている、2SC1815に末期ガンが宣告されたようです。

インターネットではすでに大騒ぎです。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4GGLL_jaJP393JP393&q=2sc1815+%E7%94%9F%E7%94%A3%E4%B8%AD%E6%AD%A2&lr=&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=



まぁ、普通の人なら「代品いくらでもあるじゃん」
って終わるかと思いますが、問題なのはTO-92?パッケージ全般が対象という事。




知らない人はいないと思いますが、現在家電メーカー等から出されている製品の基板上には表面実装部品のみが鎮座し、リードパッケージ品はほぼ壊滅状態です。



ここで問題になるのが....
「電子工作好きな後任が育たない」
可能性があるという事。



電子工作を歩んできた人は、大抵半田ごて片手にリードパッケージの電子部品と格闘してきたはずです。
しかし、現在は表面実装パッケージ品のオンパレード。


世の中のニーズが小型薄型化へと急激にシフトした結果です。



はんだ槽を使用しなければ、実質的に実装が不可能なパッケージも乱立し始め、
(高クロックやバス線の多いパッケージを中心に)
もはや、ハードでの”電子工作”は壊滅しかけています。



これから先、電子工作好きはソフト屋へ強制シフトするしかないのでしょうか。

非常に危惧してます。






ちなみに、我が在庫は潤沢でした。
DSC00615.JPG

2sc1815 2sa1015


近日、大規模なカレントミラー回路を組む予定(また口だけで作らないかも)なので、
秋月で買い溜めしておこうかな....






皆さんもご注意を。






DSC00613.JPG

作業机がただの物置化してしまっている。
クッションの上で半田付けする違和感。
posted by Gouranga at 03:51| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

詰んだ

ip3100.jpg

我が家にはcanon ip3100が2台ある。
私が一人暮らししていた頃に使用していた物と、実家で使用していた物。

ある日、実家で使用していた側のプリンタに支障が発生した。


なぜこれほどcanonなのかというと、ヘッドのみの交換が可能だからだ。
ヘッドが詰まったり故障したりしても交換が容易。



以下はキャノンお客様サポートに私が送信したメールだ


----------------------------------------------
長年愛用していたip3100がある日から下記症状に見舞われております。

症状:緑1橙5の本体エラーランプ表示(ヘッドエラー?)
発症のきっかけ:ある日突然

インターネットを調べると、ヘッド端子の接触不良の可能性があるとのことで、ヘッドを一度脱着しましたが改善しません。

代々我が家はcanon一族でして、もう一台正常なip3100があります。こちらにエラーを出したヘッドを装着すると、こちらでも緑1橙5のエラーが出ました。
逆に、こちらの正常なヘッドを故障したip3100に装着すると、通常通りに印刷可能でした。

上記から、ヘッドの不良と判断することまでは出来たのですが、インターネットを調べていると、すでにヘッドのみの単品販売はされていない....との旨記載されたページが何件か見当たりました。
本当にヘッド単品での販売は現在されていないのでしょうか。もし購入可能であれば購入希望です。

今回のようなヘッド故障が、現在正常に動作しております側でも発生することを考えると....
とても恐ろしいです。修理対応のみですと、ヘッドが故障しただけで1万円近い金額となるため、新品のプリンタが買えてしまいます。(ヘッド新品、インク満タン、保障付)
環境保護が叫ばれている世の中であってこの無駄は許せるものでしょうか..
----------------------------------------------


なんとも愛情たっぷりのメールだ。




で、帰ってきたメール(相手の掲載了承得てないため、手打ちにて一部抜粋)





----------------------------------------------
オレンジ色のエラーランプが5回連続で点滅するエラーは、
プリントヘッド部分のトラブルもしくは、プリンタ本体のハードトラブルが生じている状態

部品であるプリントヘッドの提供は、行ってない。
http://store.canon.jp/user/UserMain/jsp/top/printhead


指摘のエラーについては、
修理が必要なエラーだが、iP3100につきましては、
部品保有期限を過ぎており、修理が出来ない。

----------------------------------------------




文章表現こそ違うものの、まさにこのような内容であった。





詰んだ \(^o^)/ 詰んだ




canonの現行品って、どれも価格.comでの評価がよくない。


何を買えばいいんだ.............
posted by Gouranga at 21:55| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

ICH9R


先日の電源死亡の件、現在も順調です。


と言いたい所ですが、



「今度はHDDがご臨終しました」


DSC00612.JPG


なんですとーーーーーーーー


いや、やはり何度もオート再起動を繰り返した電源死亡事件の時に相当負担が掛かったようです。


Asus P5k-EのICH9RでRAID0を組んで快調に使えていたのですが、
先日の電源事件以後不安定で、飛びました。


具体的にはRAID0の勝手な解消。
両方のHDD自体には正常なデータが残っている気がするのですが、
intelのraid構成だと、一旦解消されたraidを復元する方法がわかりません。



あーぁ、終わった。



デスクトップの復元作業で折角の土曜日が丸々無くなりました。







なんだかなぁ。
posted by Gouranga at 00:22| 北海道 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

熱中症 あびびびびー

PCにも熱中症があるようだ。
しかも、どうやら不治の病のようだ。

DSC00587.JPG



「最初は単なるブルーバック(メモリかハードディスクのエラー)だと思ってたんだ....」



-- 盆休み2日目 --


夜、ブルーバックが頻発するようになる。



「作業なんかできねぇじゃねぇか」



思わず愚痴を漏らす自身。



「糞ったれが」


プログラミング中にブルーバックが発生し、もはや正気ではない。




-- 盆休み3日目 --

親戚宅訪問中 PCはコンセントを抜いて放置


-- 盆休み4日目 --

親戚宅から午後10時に帰宅


すかさず、もはや嫁同然であるPCに火入れする


「ピッ」



いつものようにBIOS起動音がした





次の瞬間、予期せぬ事態が発生した。




「ピチッ」



...突然PCの電源が落ちる






.......
...................
.................................
...................
.......




また、何事も無かったかのように突然勝手に電源が入る。



...次の瞬間


「カコン...カコン....  ピチッ」 (カコンはROMドライブの空転音)



「あれま、ビープ音すらしなかったぞ」


やけに耳障りなBIOSの立ち上がり音も、このときだけは沈黙





その後、何度もオート最短再起動機能が働き





「やっややべぇ、こんなに電源断繰り返してたらハードが壊れる」


と、とっさに動揺し、動揺した。




次の瞬間、コンセントを引っこ抜いていたのは言うまでも無い。






「BEEP音すらしないという事は....電源か」




PC中毒な私は、早速ヨボバシガメラに行った。





DSC00600.JPG

Owltech Seasonic SS-620GB 620W S12U





迷うことも無く購入。


購入の決め手は日本製コンデンサ使用と3年間新品保障




.....なんて太っ腹なんだ、私の勤めている会社の製品じゃこん(以下割愛






いま、まさに、この電源に入れ替えたPCからblogを書いている。


特に問題は無いだろう。
電源投入後、blogを書いたのみだが.......

ちなみに余談。
2万円の電源が衝動的に欲しくなったが、その差額で焼肉が食べられると自分に暗示をかけることにより抑制に成功している。
自分に甘い方は試されてみよ。







さて、ここからが電気屋。
コメントは面倒なので、画像にて。

DSC00588.JPG

今回ご臨終したのはこの電源。

Abee AS Power ER-2520A 520W

購入後、約2年頑張った。というか、短命すぎる。
当時購入価格12,000円前後

DSC00591.JPG

見た目がかっこよく、当時としては珍しいプラグイン方式を使用したモデル


下記に分解した内部写真を貼るが、見事に電解液漏れ祭りである。


DSC00592.JPG 

DSC00594.JPG 
 
 DSC00595.JPG 
 
DSC00596.JPG
 
DSC00597.JPG 
 
DSC00598.JPG 
 
DSC00599.JPG

電解液が回転中のファンに垂れたのか、ケース裏面は飛び散った電解液が付着し、パラダイスになっていた。(写真無)









と、Abeeから苦情が来ると精神的に良くないので、一応弁明。
当方の使用法にも若干の非は否めない。

DSC00605.JPG

ケース排気温度55度。(アイドル状態にて)







だって....




「ビデオカードが発熱しすぎなんだもん」





105度電解コンでも、この温度が常だと日本製でも大差ないかもな......


でも、よくこんなリップル垂れ流してそうな電源でCore2Duoはオーバークロック頑張れたな...





「1年に1回、年末の大掃除の時には電源も分解清掃しましょう。保障?なにそれ」
posted by Gouranga at 22:59| 北海道 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。