2010年10月31日

Abee ASPower ER-2520Aの修理

以前紹介した
Abee ASPower ER-2520A
の電源不調の件、交換用電解コンデンサがそろいましたので作業しました。
もちろんアルコール入ってます。

DSC00760.JPG








これが交換前の状態。
盛大に液漏れしてますね。
また、狭いスペースに密集しているため、明らかに無理やり押し込んだ格好の電解コンデンサもあります。
ヒートシンクに密着するように取り付けられた電解コンデンサ。
PC内では上下逆となるため、基盤側に熱気が上がってくる格好になります。
105度品のコンデンサでも、これだけ密集してて通気性悪いうえに、CPUとかからの熱気に襲われたらパンクもしたくなるな。

DSC00766.JPG








で、張り替え完了。
ニチケミの105℃コンデンサにすべて交換しました。
元々のコンデンサよりも大きいため、尚更狭くなってます。
電解コンは、2年周期ぐらいでまた張替えが必要かもしれませんね。


DSC00763.JPG








基板裏側。こんないつショートしてもおかしくなさそうな回路に通電しっぱなしで外出するとか、寒気もします。
基板のあちこちにハンダボールが転がっており、これが原因でショートしそうでしたので、きれいに掃除しました。
電力回路なのに、お粗末ですよね....
安物電源はすべてこんな感じなんでしょうけど。


DSC00767.JPG








最後に、現役を引退したコンデンサ達です。液漏れしていなくても膨張したものなど多くあります。
人間ですと余生が待ってますが、コンデンサ達は即効で廃棄処分されます。
なんかMOTTAINAI!


まだ動作確認してません。
現役のマザボに付けたくない。でも実験用のマザボ無いし。
posted by Gouranga at 15:24| 北海道 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

test

posted by Gouranga at 14:45| 北海道 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

FF車?ニセ4WD車?

コンバンワ。ヨッテマス。

地域によっては驚かれるかも知れませんが、北海道では4WD自動車が標準となっています。
FF車、FR車共に、北海道では4WDの需要率に遠く及びません。
なぜ北海道で4WDが主流となっているのか。
それは、1つに4WD専門で寒冷地仕様(これも聞きなれないですね?)設定があるからです。
もう1つに、「雪道では4WDが強い」という暗示に掛かった人が多いことがあげられます。

blog1.JPG左に、酔った勢いでペイントにマウスで書いた絵を晒します。
自動車(4WD)の基本はこの絵のような状態です。
この中で、デフというものが鬼門でして、
「片輪にかかる抵抗が一定以下になると、もう片輪に掛かるトルクが急激に低下する」
というカラクリがあるのです。
前輪のみで考えたとき、右タイヤが宙に浮いてしまって空転するような状況だと、左タイヤは右タイヤの駆動方向に対して逆転!してしまうのです。
もし、右タイヤが浮いてて、左タイヤのみに負荷が掛かる(摩擦が大きい)場合、右タイヤのみが空転し、左タイヤはトルクも掛から無い状況になります。

何が言いたいかといいますと、
「四駆車では、前後輪で各1輪が宙に浮いた時点」でスタック(離脱不能)状態に陥ることになります。blog2.JPG

こんな感じですね。
デフ機構の詳細は今必要無いので、気になる人だけグーグル先生に頼ってください。

ここで思った人も居ると思います。
「四駆って言ってるのに、2輪浮いただけでスタックするなら四駆じゃない!!」
確かにそうです。
私もつい最近まで、
「四駆は、2輪浮いても走れる」
と思っておりましたので。

じゃ、なんでこんな面倒なデフ機構があるのか。
思いますよね。
超絶簡単に説明すると、
「カーブ等で、内輪差を吸収するため」
にあります。
昔、ミニ四駆やってた人なら、なんとなく思ったかもしれませんが、
カーブでは左右輪の回転差が生じます。
ミニ四駆は車体が軽いため、左右輪を直結しててもほぼ問題なく走行できましたが、重量のある車体を支えつつ方向移動を行う必要のある自動車では、左右輪の回転差を吸収する装置が無ければ、直進安定性のみが増すため、ハンドルを切ってもカーブを曲がれない事態に陥る可能性があります。
そこで、その回転差を吸収する装置がデフ機構なのです。
ミニ四駆で言う、ギヤーがタイヤに入ったタイヤのようなものです。
これによって、左右輪の回転差を吸収し(内輪の回転数に引っ張られて、外輪が多く回転する)、スムーズに自動車は曲がれるわけです。
言葉での説明は難しいです。

ところが、最近では北海道でも逆行?的にプリウスやインサイトが増えてきています。
何でこんな事いうかというと、プリウスインサイトをはじめとするハイブリッドカーには4WD設定が無いのです。
北海道は起伏が激しい地域が多いです。市街で言うと、ダントツで小樽の坂はヤバいです。
写真が無いのが残念ですが、分度器で言う45度になりそうな坂もあります。冬場はスパイク車でも登れません。
そんな地域もある小樽のTディーラーでもプリウスが売っているのです。冬場に。市場車もあります。
プリウスで小樽の急坂は正直無理だと思います。
エコカーの大半はFF駆動です。
こんなんで急坂上れるのでしょうか。
エコカーもデフ構造でしょうから、”前輪の”一方が浮くとスタックするという大ジレンマを抱えてますね。
4駆と言いながら、2輪が浮くとスタックする4WD車か、車体価格も安く燃費も安い2WD車を買うか、とても悩みますね。
理想は、SUVに多い”デフロック機能付車両”ですね。
posted by Gouranga at 03:24| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

否定コメント

おえっ、
ゲロゲロガー...............


お、俺じゃないよ。blog書いてるし。
posted by Gouranga at 02:10| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

RX-Stick

rxstick.jpgRX-Stick(ズディック)

http://resource.renesas.com/lib/jpn/campaign/rx_workshop/index.html



こっそり応募していたのだ。






だ。
でだ。


今日、1本のメールが届いたんだ。


ご応募者各位

ルネサスRX-Stickプレゼントキャンペーン抽選結果のお知らせ
---------------------------------------------------------------------
この度はルネサスRX-Stickプレゼントキャンペーンに
ご応募頂きまして誠に有難うございました。
 
ご応募者多数につきまして抽選の結果、残念ながら貴お申し込み分は
当選から漏れましたのでご連絡いたします。
この度はご期待に添えず申し訳ございません。
今後ともルネサス製品を宜しくお願い申し上げます。
---------------------------------------------------------------------




だぁぁぁぁぁぁぁ





またしばらくサラバだ......ルネサス。
posted by Gouranga at 21:45| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

第一種電気工事士 試験速報 解答例

denki.jpg第一種電気工事士筆記試験受けて来ました。
試験日は10/3(日)
試験地はサポーロ

まったくといって良いほど、勉強してません。
前日午前4時までビール飲んでたし....



手ごたえもわからず、例によって腹痛が始まったため、試験に集中できる状態ではありませんでした。
計算問題は公式が頭に入ってないと解けない問題が主体。
4択ですが、各問にひっかけ要素があり、腹痛とも相成って絶望感で試験を終えました。
途中退出可能なため、腹痛が限界に達した私は、適当に(一部は問題すら見てない)マークシートを塗りつぶし、
即効で試験会場を後にしました。

そして今日、試験解答速報が各HPにup(非公式です)され始めました。
会社命令で半ば嫌々受けただけだったので、試験を終えた時点で私の任務は終わっています。
ただ、宝くじの当選確認前の状態のようなワクワク感がなぜかこみ上げ、解答を確認しました。

http://www.ohmsha.co.jp/denkou/1shukaitou/  ここを利用しました。直リンすいません。もうしないとは限りません。

すると、トイレに行きたくて問題すら見ずに適当につけたチェックが3つ連続で正解していたりするではないですか。
答えがわからず、「〜さんのいうとぉり」とか頭の中でつぶやきながら選んだ解答も合ってるじゃないですか。

結果、100点中64点という、非常に微妙な点数を取ってしまいました。
(基準60点以上合格点だが、問題の難易度等で多少合格点が変動するらしい)

あーぁ、また1ヶ月後の正式な合否発表まで気分が暗くなるよ。(基本ネガティブですから)


これで合格とかしてたら、本当に





「手抜き工事士」





の誕生ですね。祝賀パーチーお願いします。ヨ。
まぁ、落ちてるでしょう。そして会社でチクチク言われて今年を終えると。完璧な計画だ。


※掲載した写真はネットから適当に取ってきたものです。明らかに単二回路とか第二種電気工事士お疲れ様ですな画像です。
posted by Gouranga at 22:53| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。