2007年11月13日

ゲートドライバ

久しぶりの書き込み。
秋から冬への変わり目は、毎年生活パターンが不安定になりやすいものです。
P1000004.JPGボケーっとPCのマザボを眺めていると、フラットのFETらしきものが。この位置だと、CPU周辺へ降圧供給でもしてるんでしょうか?
これらのFETが取り外せれば、無料でモータドライバ用のFETが入手できるよな〜なんて考えたりもしました。以前にマザーボードにがっちりと付いてしまっている(放熱処理のため)FETを取り外せないか色々と格闘しましたが(130w?半田ごてや、コテライザーのブローモード)取り外せませんでした。多層基板のため、熱がすぐに周囲に逃げてしまうのでしょう。ハンダが溶ける様子すらありませんでした。どうやったら、キレイに取り外せるのだろう。

色々と書きたいことはあるのですが、何故FETスイッチング全盛の現代において、末端ユーザのゲートドライバの入手性がいまだにこれほど悪いのでしょうか。不思議でたまりません。個人消費者向けに電子部品販売されている販売業者さんは、FETの品揃えはそれなりにあってもゲートドライバは全く無い状況。(探せばあるかもしれませんが)
やはり、単価が高いのがいまだにネックなんですかね。「わざわざ高値になる手段をとる必要は無い」と言われれば反論は出来ませんが、自分は根が面倒なことを嫌う性格です。批判するわけではありませんが、モータドライブ基板Ver.3のように、ゲートをドライブするのに、大量のTrを並べる作業はしたくありません。実装するだけなら「飽きた」といいつつ手を動かせば完成できますが、自作基板で回路設計から始めると、それこそ10個以上のトランジスタを並べるのは基板規模もそうですが、苦痛でしかありません。
ですが、ゲートバッファのプッシュプル構成は必須だと思っています。ゲートドライバICの多くはブートストラップ可能な構造で、メインFETをすべてNchにできます。これだけでも十分魅力的だと思いますが、「入手性が悪い・だから価格が高い・だから誰も使用しない・だから流通が悪く、入手性が悪い....」という、よくありがちな負のスパイラル構成ですね。


「ゲートドライバ使いたい!!」

...しかし、どこで手に入れればいいの....





P1000076.JPG
別件で木に穴を開けようと彫刻刀を持ち出したが、即効で挫折。
「だって、ここまで木が硬いと思わなかったんだもの」

...いや、彫刻刀がボロボロだったか.
posted by Gouranga at 03:28| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

VisualStudioとC#

ここ最近、マイコンカーとPCの連携を考えている。
通信は、BlueToothの仮想COMportプロトコルを使用して、データの書き込みすら完全ワイヤレスにしようかと本気で考え中。
人型ロボットの分野では、無論ワイヤレスだが、赤外線Ir通信や315Mhz帯通信がまだまだ現役らしい。ただ、マイコンカーの場合、単位時間当たりの通信量が膨大になりそう。それにパケットロストなんかした日には....
BuleTooth通信の一番の難点は、やはり通信モジュールの費用だと思う。まともに揃えたら、受信部(トングル安い)、発信部(が高い)で1万円は軽く飛びそうだ...ただ、通信は安定していてパケットロストに関してもBluetooth側が自ら補正してくれるようなのでその点は簡単にできそう。ケーブルがつながっていないのにマイコンにデータが書き込めるとかいうのを、想像するだけで憧れてしまう。
で、話を戻して、PCとマイコンカーの連携と言って一番メリットになりそうなのは、PCのGUIを使用して、より視覚的に各種パラメータを調整できることではないだろうか。
今までのように、logをtelnetなりで吸い出してtextをExcelに引っ張り出すと言う作業もよいけど、一発で変換できたり、また、リアルタイムでデータがマイコンカーから引っ張り出せたり、同じくリアルタイムに、走行中のマイコンカーのパラメータを微調整してみたりとか、良いですな。

すべては妄想です。


P1000186.JPG
今は、C#の勉強を始めたところです。相手にしてくれる人もいないので、勝手に独学状態です。
C#なんてCとおなじでしょ?なんて余裕みせつつ新品で参考本を購入したのが最初の間違い。
「ぜんぜん違いすぎます」
Cも同じく、誰にも相手してもらえなかったので、ほとんど独学状態でしたが、あの頃は(今より)真面目人間だったからか、スーっと頭に入っていきました。かなり癖のある独学法だったので、構文も滅茶苦茶でしたが。
ここまで理解できないのは、あの頃よりも老けたからだろうか。と言っても、まだ若いけど。腰以外は。
PCからCOMportを使ってASC文字の通信はとりあえず成功したのですが、受信がどうにもこうにも。何かを読み取って表示はするのですが、表示してるのが、どう見ても宣言した変数名そのまま....

ここ最近思うのが、新しいプログラムを覚えるのが難しいのは、構文の仕方や使用する単語を覚えられないことではなく、その記述等に名づけられた名前を覚えられないからだと思う。というか、改めて思った。
Cでいえば、「プロトタイプ宣言」。もうプログラムの先頭から、わけのわからない名前。今でも、なぜ関数を一度読み込ませることをプロトタイプ宣言と言うのか納得していない。英語力が足りないだけかもしれない....
C#では、もっとわけのワカラン名前がCの非で無い程にいっぱい出てくる。もっとCと呼び名を統一してくれ〜〜
と思いつつ、挫折中だったのでblogに書き込み。
posted by Gouranga at 10:18| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

お気軽お気楽

ここ最近、更新していなかった。
特別忙しかったわけでもなく、無駄に考え事してた気がする。

例年であれば、この時期は大会が近いだけあって(いつもの詰め込み作業の関係で)精神的にも異常な状態だけど、今年は大会参加しない(見学は予定)ことを決定していただけあって、とても気分が落ち着いている。
今年は色々(現時点でまだマイコンカー製作を行っていない等)とあり、現時点でも予算が多少余っていた。メイン(?)として使用しているノートPCではここ最近、色々な開発環境の激重処理に多少の非力感を感じていた。デスクトップPCもあるが、CPU(celelon2.53Ghz)やメモリ(DDR1GHz)は十分使えても、化石ビデオカード(6年前ぐらいの低スペック物)が足を引っ張っており、ブラウジングすら一部カクカクしてしまい、不満がここ最近爆発していた。

P1000185.JPG「ビデオカードだけ更新するのも...」という気分から勢いで色々と新調してしまった。ビデオカード更新がメインだったが、ゲーム等はあまりしないので、その分の予算を他の部分のパーツに多めに投資した。
ケースは、昔から好き好んで使っているGatewayの物があり、それに色々と物をつぎ込む形とした。
コストパフォーマンスと将来性を考え、CPUはcore2duoのe6750。来年一月には45nmプロセスの新型が今回購入したe6750よりも安く高性能になって発売されるらしいが、待つのも馬鹿馬鹿しい。
Windowsを使っていてイライラするのが、各種待ち時間。大抵はHDDに読みにいくときに、読み出しのアクセスタイムの遅さがネックになっている。そこで、同型HDDを2つ購入し、Raid0を構築予定。
開発環境のコンパイル、アセンブル等が少しでも早くなってくれると嬉しい。
posted by Gouranga at 02:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

microchipDIRECT

P1000044.JPGmicrochipDIRECTで注文した商品が届いた。
25日夜中に注文して27日昼に届いた。
台湾からだったけど、異常な速さ。
自分なんか、一度も海外出たこと無いけど、
「こやつは台湾からきたのかぁ!」と、少々嫉妬気味。
あとは、別便でアメリカのどこかからライタが届く予定。
同日注文でも、さすがに台湾とアメリカでは発送に時差が生じる。
送料は$15 手数料に数ドル。digikeyとほぼ同額である。

ある手順を行うことにより、今だけpickit2 debug explessが$10で購入できる。これが目当てで今回初めてmicrochipDIRECTを利用した。
送料分が勿体無いので、他にも利用するであろうPICを多めに購入した。そのPICが台湾発送でpickit2がアメリカ発送。お目当ての品の方がまだ届いていない。

1つだけ馬鹿をしてしまった。microchipDIRECTでLanguage項目があるのを知らず、注文までの工程を英語に悩みつつも適当に進めて行った。何とか注文を終え、TOPへ戻ったときにLanguage項目を見つけた。しかも、日本語がある。
英語の勉強になったかな?

商品配達にした人に、ここの住所はこれで合ってますか?と言われ、確認。微妙に住所が間違っていた。
英語で住所表記するの久々だったもので、番地と建物関連の住所が微妙に変になってました。
今思えば、日本語でも発送してくれたのではないだろうか?と考えてしまう。

P1000045.JPG国際配送の経験は初めてではないが、今回はFedEx Express(フェデラルエクスプレスと読むみたい)の発送で、国内は日本通運が代送したようだ。実際、配達に来た人も日本通運の人。

クレジットカードが必須だけど、海外からの買い物はなにか楽しい。
今回はマイクロチップだから信頼してクレジットカード番号入力したけど、US系に多くある小規模サイトは怖くてさすがにクレジット払いはしたくない。

PICの一部は、以前製作中に挫折したセンサ基板上への装着も考えている。
posted by Gouranga at 03:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

応用物理学会

今週は、応用物理学会のアルバイタで朝から夜まで軟禁されています。
講演会場の補助・管理担当なのですが、「えっ..」と思うほど、同世代の方などが謎の奇怪な物理(正確には化学系)の式やらなんやらを難なく使用した発表を行っています。
有名大学(東大や愛知大...後忘れた)の方の発表は、企業の方を一瞬硬直させる程の凄さです。

自分は、小さい頃から田舎学校等を通して電気を学んで来ました(まだ全然ですけど)ので、化学系統の話は全くわかりません。
時折、抽象的な部分の解説が入ると、「あぁ、そうなのか」と初めて理解できたりする部分もあるのですが、専門用語が連発すると眠気が襲ってきます。(寝たら大変なことになる)

今週は、学会の関係でマイコンカーには手を出せそうにありません。
とりあえず、千石にgp2s40の在庫があれば試験用に数個注文する予定です。


P1000158.JPG
ある日(画像の撮影日付参照)、プリンタのヘッドが詰まってしまいました。急に黒色のヘッドの半分が一度に詰まってしまい、文字すら読めないような状態です。
機種は、canon ip3100。
文字印刷は我慢することもできますが、どうしても感光基板用のOHPシートにマスク印刷を行いたかったため、困りました。なぜ急にお亡くなりになられたのかは不明ですが、蘇生作業を行いました。

キャノンは、ヘッド単体で販売されているのでヘッドを購入すれば元に再生するのですが、やはり貧乏学生は出費を抑えたいものです。
某HPにて、アルコール洗浄が効くとの事で、早速薬局で無水エタノール(500ml)を購入。試したものの全く効果がありません。完全に失敗です。
そこで、自棄になってヘッド部品を分解し、黒ヘッドのインク排出口(吹き出し口)から逆方向に書道等で使われるスポイトを使用して高圧(どの定義の高圧なんだ...)の水道水を流し込みます。
大半の水道水は、排出口に入ることを拒否し、残留インクとともに自分の顔面に飛んできます。
少々イライラしつつも、何度もスポイトを勢い良く握りつぶし、水道水を流し込みました。壊れたらヘッド購入する気持ちで躊躇無く行いました。
30分程度念入りに格闘を行った後に、エアダスターでフラットIC周辺や接触端子等に付着した水分を吹き飛ばしました。
プリンタに、元通りに戻し、早速ノズルチェックパターン印刷を行うと.....「何にも印刷されてない!」

ヘッドを壊してしまった...と、1時間程度落ち込んでました。
もう一度だけ印刷を行って、駄目ならヘッドをネットで注文しようと思い、もう一度印刷。
「詰まり直ってる!!!」
最初に印刷できなかったのは、単にインクがヘッド端まで充填できていなかっただけのようです。1時間程落ち込んでいたのが良い方向に働いてくれたようで...

余計な出費を行わなくて済みました。
無水エタノール...何に使おう..可燃性液体は、何か怖い。
感光膜の除去に使えるかな。




P1000083.JPG
青LEDビガ〜〜〜

周囲が暗いですが、実際は昼間の撮影です。
明るすぎて、カメラが入射輝度を勝手に絞ったようです。
posted by Gouranga at 05:05| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

ストレート5枚。

P1000023.JPGとりあえず、ストレートが5枚出来ました。
1枚1枚、歪まないように作ると時間がかかります。

横須賀大会の方々、楽しまれましたでしょうか...会場がどんな状況だったのか見学者として参加したかった。
大会というものは、結構好きです。祭り事が好きなだけです。

本当は、今年の北海道全国大会に参加したかったのですが、
97%の確立で来年度引越しでドタバタするため見送ります。
母校の在学生のために、マシンは作って会場に持っていけたら,,,とは思ってますが、現時点で全く構想(と予算)が無いのでそれも不可能でしょう。

皆さんのblogは色々と見ているのですが、最近は動画のアップロードが増えているようですね。
UPするサーバースペースの確保に苦労されているようで気になっています。
あれは何年前からか..もはや忘れてしまった
「マイコンカーのコミュニティサイト」の構築。
サーバが確保出来ない(との理由)という言い訳で流していました。
最近は寂しいことに、マイコンカーユーザーが以前より閉鎖的になっているような気もします。
公式掲示板に書き込みを行っても、返答すら書かれずにlogに埋もれていく..のは見ていて悲しいです。

引越しが終了したら、押入れに押し込んであるマザーボードで1台サーバでも作って、コミュニティスペースが確保できるよう、頑張りたいと思います。
無論、MCRユーザのためにディスクスペースを提供できれば...なんて思ってますが、phpあたりの勉強が必要ですね。

P1000024.JPG
最近は、別件が忙しく、全然作業が出来ていません。
そのせいか、いつもの癖で作業机は完全に物置(..いや、ゴミ箱)
になっています。
作業机が犠牲になることで、部屋の中は案外綺麗だったりもします。

posted by Gouranga at 03:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

暑い熱い厚い

あつい。
寒冷地仕様のこの体では対応できない状況。
ラジエータでも付けたい。

(毎度のことながら)
ここ最近、マイコンカーから完全に脱線していた。

コースの作成を開始して、一応ストレート3枚の足(ゲタ)取り付けは終了。
あとは、表面を綺麗にヤスリで削ってカッティングシートを貼るのみ。
まだ、3枚なんだなぁ。
ストレートやクランクは、カクカクしてるのでゲタを付けるのが容易だが、カーブはどうやってゲタを付ければよいのかいまだに良い案が浮かばない。



P1000009.jpg
大量のPICマイコン。
自分のものではないので、少々残念。
本当は、ポケットに入れてもって帰りたい。 コッソりと...
posted by Gouranga at 03:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

コース作成part.1

こんばんわ。
現在までに色々ありまして、やっとコース作成に入ってます。
P1000142.JPG
電子レンジ分解して出てきた高変圧トランスやら降圧トランスやらで無理矢理押さえ込んでいます。
接着は木工用ボンドのみで釘打ち等は、手間がかかって面倒なのでしていません。
重量級トランスがこれだけあると、湿気を吸って曲がってしまっていた木板も、耐え切れずに元に戻ります。
なにやら、1円玉の入ったペットボトルが見えますが、気にしないでくさい。600円程度入ってますが。
今回は、1回分の材料だけ購入しました。1度にすべての材料を購入しても良いのですが、自転車搬送なので結構スリリングなのと、一括購入時の金額による精神的ショックを和らげる(謎)ためです。
明るいところでの撮影だと、携帯カメラでも結構きれいに写りますね。暗所だと、ざらついた感じになってしまうのが残念です。

現在、所要で感光基板に手を出しています。

P1000123.JPG
焼き付けています。普通の蛍光灯ライトにプラクランプというお粗末さ。
P1000124.JPG
現像しています。
P1000125.JPG
エッチングしています。よく間違えてエッジングと言ってしまいます。
P1000126.JPG
できました。完成です。斜め線はやせ細りしやすいようで、極力避けたほうが良いようです。


真空バナナ
P1000129.JPG
posted by Gouranga at 02:07| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

パッチン錠part.2

最近

Robotics Studioが気になる....

ただそれだけ...

----------------------------


パッチン錠、Monotaroで激安販売されているのを見つけました。
店頭販売品の非ではない価格。
posted by Gouranga at 23:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

コースの予算見積

今日はコースの部材購入のため、Excelで細々とした計算をしていました。
色々とありまして、ここ数日作業が停滞してました。

コース設計にも、多少修正を入れました。
sss.jpg
ほとんど変化が見られませんが。
以前の設計では、900mm×300mmの板でコースを製作しようとしていましたが、店頭で販売されているのは長さが600mmか910mmというなんとも半端なものでしたので、600mm×300mm仕様に変更しました。それに伴い、コースのストレート区間の調整が入りました。
もう一つは、レーンチェンジ区間の予告ラインを、競技規則最小の300mmにしたことです。やはり、極端な状態でのマシンの挙動を確認するという意味では必要かと思いまして...

コース接合に以前、「パッチン留めできる公式でも使われているような金具」を使用する旨書きましたが、正式な名前は「パッチン錠」って言うんですね。商標登録品ですかね?
早速、少し遠いホームセンターまで自転車で行きましたが、コースサイズに合うと思われる物は210円でした。
P1000104.JPG
「これ、コースで使用するとしたら30個は必要になるだろうから...タケェよ。」など、商品棚の前で一人怪しく訴えてみましたが、値段が変わるわけもありません。
1つだけ写真のをサンプルとして購入して、直射日光浴びつつ帰りました。何か、脳裏に思い出すものがあり、帰路の途中にある家に近いホームセンターへ行くと、やはりありました.....








『パッチン錠』



しかも、190円...(まだ高けぇ..)
posted by Gouranga at 00:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

クロネコメール便の失態

悲しい一日です。

ネットで購入した素子をクロネコメール便で発送してもらったんですが(安いため)
P1000095.JPG


.....ん?


P1000093.JPG


ぎゃぁぁぁぁぁぁx....


P1000094.JPG

裏側まで....



無論、中に入ってた素子類は...


P1000096.JPG


玉砕されてました...

薄いからって判断で、高速ローラー仕分け機にぶち込んだのでしょうかね。で、素子が引っかかってガリガリと..。

数量多めに頼んでおいたので使えるのが大半で助かりましたが。
皆さんも注意してください。メール便は保障がありません。

泣き寝入りするしかないのかな。一応、連絡先みたいなシールついてるけど。
posted by Gouranga at 12:11| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

第一弾コース設計完了

自分を説得して色々と妥協させた結果、下図のコースをとりあえず図画工作することで決定させました。
finish.jpg

このコースは、8の字を諦めて公式ルールを厳守した作りです。(前回のは公式ルール範囲外)
規則最小半径180度ターンとダブルクランクは必ず入れたかったので、コースデザインは自ずと制限されました。本当は8の字案のトリプルクランクを入れたかったのですが、オーバルコースでは無理です..。

コースは収納を考え、公式コースのようにバラバラに分解できるようにします。なので、コースtypeの変更を行うときも簡単に行えます。
固定金具は公式コースのようなワンタッチ金具式がいいんですが、100円ショップダイソーに置いてるんでしょうか?
これでも、板材と底上げ足材で5000円程度は飛ぶかと思われます。ジョイント機構は安値に済ませたいところですね。

正直、このコースは気に入っていません。中でも、レーンチェンジが片方2回という無意味な所が嫌です。
それを改善しようと、下のような組み合わせも考えたのですが、
dust.jpg
ダブルクランク部分で、まともにスペースが確保できず断念。
反対に、双方のレーンチェンジを外側にする手もありますが、部屋側のサイズ制限でout...。

とりあえず、この設計でコース作成に入ります。
程度の良さそうな板材を(高値ですが)発見したので、そこで購入します。

これからしばらくは、部屋中が木屑だらけになりそうです。
posted by Gouranga at 01:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

コース製作ver0.29

?N???b?v?{?[?h01sss.jpg今日もなんとなく考えてcad書いてみました。

これだと、クロス部分での上下コースの高低差は約10cmまで増えた。
高さ10cmもあれば、十分余裕でマイコンカーが走行できる。

ただ、全長(全体サイズ)が伸びてしまい、絶対的寸法である部屋のサイズを超過してしまっている。
すでに、公式コースよりシビア
(具体的には、クランク直後に休み無しで坂道)
であり、無茶な設計となっている。

posted by Gouranga at 23:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

コース設計1日目

Nberyrtgv{[h01.jpg
困りました。

CADで家庭内に設置する手作りコースの設計図を描いていたのですが、
8の字の交差する部分の高低差が

Sin7°×450≒54.8mmしかありません。

フラットなマイコンカーを作成して対処するか、普通のオープンループのコースにするか...
8の字を諦めると、部屋の設置面積の都合上、坂道は作れそうにありません。

ん〜...
posted by Gouranga at 21:01| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

コース材

最近は精神的に悲鳴を上げている状態で、もう暫くはblog更新が停滞するかと思います。

なぜ今日書き込んだかというと、コース素材を購入したからです。
と言っても、まだ試験材として1枚買っただけです。

近所のホームセンターには調度良いサイズが無いため、離れたところにある店舗まで自転車で行って来ました。
ボロボロになってたので交換した、ダイソーで購入の自転車カゴは幅が広く今回の買い物では大活躍でした。

安値が第一ですが、それを考慮するとラワンカットベニヤというものが一番経済的なようです。
しかし、3mm厚だと板の歪みが酷く、下の補助材をつける予定ですが、それでも行くされない程グニャグニャしてます。
「よくもまぁ、ここまで曲がった物を店売りしてるなぁ...」
と思ってしまいます。
今回購入したのが5.5mm厚ですが、これでもまだ歪んでいます。
でも、この程度なら補助材でなんとか矯正できるかもしれない...
本当はこの上の9mm厚が買いたいのですが、1枚440円は高すぎます。
5.5mmでも320円するんです。(600×300×5.5)

本当なら、1枚物のコンパネから正確に横幅300mmを切り出す必要がありますが、
@部屋中を木っ端で汚したくない
Aそんな精度で切り出せない
Bコンパネが部屋に入らない
Cコンパネ運搬できない
D店のは1カット50円取られるし、精度は求められない
等々問題だらけで、カット済み300mm幅の板材を使います。

この板を20枚程度で8の字コースを描きます。
内、8枚(4×2)はカーブゾーンで使う予定です。
まだ設計図書いてないので20枚じゃ足りないかもしれません。
(8の字なので、1つのカーブは270度を描く必要があるけど、4枚じゃ足りないかなぁ...足りないなぁ..)

20×320円=6400.....たっ...た..た.高い...

狭い部屋だと、8の字が坂道テストも出来て良いかと考えているのですが、やっぱりベニヤだと効率悪いのかな。
まぁ、実際個人レベルでは幅300mmも必要なのかという問題もありますけど。

今日は画像無し!
posted by Gouranga at 02:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

久々の更新

どうもです。
やっとホップアップ広告とCSS変更のページを見つけました...
やはり白背景には黒文字が見やすいですね。
これだと、見てるだけで疲れるので自分的には
黒背景に白文字が好きなんですけど。
気が向いたらまたあとで変更します。
文字も大きくしたので最高です。

マイコンカーの方は色々と精神的に負けてしまっているので、作業できる状況じゃありませんでした。
とりあえず、今年度の構想をなんとなく脳内妄想してます。脳内ではバリバリにコース上を走行してるんですけどねぇ..涙

今年も、FETのゲートドライバを使う予定で色々と探しているんですが
(公式モータドライバ基板のように大量のゲート駆動トランジスタを並べるのは精神的に耐えられそうに無いため)

ADP3419 (某氏のblogネタ)
IR2101 (あるジャンク基板に付いてた)

の2つを考えているのですが、どちらもDigi-keyでしか手に入らなさそう。
おまけに(まだ詳しくデータシートを見てませんが)IR2101だとまた恐怖のICバーべQをしてしまう恐れがある。

FETドライバって、どうしてここまで普及しないのだろう。
やはり高値だからだろうか。

にしたって、なして2足ロボット作ってるような人たちは、ほいほいとDigi-keyで買い物できるんだ..?
送料だけで2000円...小額だと手数料で+1000(でした?)
とても手が出せない。
工作機械も、ある人なんかは自室にNC加工機や旋盤、某社の1個1万円以上する曲げ器とか考えられません。趣味の世界を超えています。
上を見ていては駄目ですね。
自分なんかは、ダ○ソーなどで売っているドリル歯を買ってきて、「芯ぶれしててつかいものにならぇぇ」ってのがいつものパターンですから。
せめてボール盤は欲しいな...アルミチャネル材でギヤボックス作ることすらまともに出来ない現状。

...また愚痴ってますね。自分。

そういや、暫く書き込みしてなかった間にコース素材の木を探す旅もしました。
300*450で260円(室内だから300mmも幅必要ないかも)

20-30枚は必要だろうか。
既にカッティングシートは買ってあるにしろ、出費が痛い。


関連性のある画像が無かったので、なんとなくスイッチング電源
P1000041.jpg
posted by Gouranga at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

Basic class

面白そうですね。私は一生無縁な部門設定になってますが。
自演高校生.....ムリか


ルール眺めてたんですが、
昇圧回路の類も禁止したほうが良い気がしたりしなかったり。

悲しいかな、この部門は予測ですが先生方の魔の手が(失礼)
大きく関与してしまいそうな気がするので、ルールはガッチガチぐらいがちょうど良い気がしたり。
(なんか日本語変..


新しい携帯のカメラ 綺麗です。
P1000033.JPG
旧規格のSCSI CDドライブを分解しました。

P1000032.JPG
分光ガラスも見えます。

マイコンカーに流用できそうな部品や構造は見当たらず...無念
posted by Gouranga at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

変な遊び

なぜかお久しぶりですね。

色々と(大事では無いですが)ありまして、書く暇が無かったと言うか書く意欲が湧かなかったというか。

今日、やっと雪に埋まってた自転車を引っ張り出しました。
久々の自転車は違和感たっぷり。
まだ歩道には雪が残り、その上を走行するのはいつもながらドキドキですね。
大昔(いつ?)、新聞配達をしていたときの感覚です。

自転車に乗りながらぼーっと信号待ちをしていたら、なんだか無性に信号機が作りたくなったので...







作ってしまいました。
といっても、LEDとPIC....どれだけ手抜きなんじゃ。
MOL001.ASF

というか、携帯取り替えたら動画の拡張子が.asfに....
このblogで読み込めるのだろうか..?

もし貼れなかったら、このblogサーバを利用する意味が無い


...引越しか?


↓asfの拡張子を3gpに書き換えてみた。


-追記-
拡張子変えるだけでflashplayerが使えるようになるのか...
なんと単純な
というか良く見ると、リンクタグにclass="video-link"のクラスタグが付いているだけ...

-追記2-
以前upした動画が前半に被っている様な...なんだかよくわからんですなぁ。

-追記3-
なんか、追記だらけですが、動画が元に戻ってる...何故だ!!
posted by Gouranga at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

大雪ドカ雪

200703121422000.jpg
ドカ雪です。

それだけです。
posted by Gouranga at 14:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

出力固定型3端子レギュのQ&A

http://www.necel.com/ja/faq/f_pw3.html
上記サイトのQ&Aは改めて学習することが多かったです。
なんか、自動車教習の資料を見ているような構文ですが、これが丁寧な対応ということなのだろう(か)。

特に、
-------------------------------
Q3 並列接続で、駆動電流を増やすことはできますか?
A3 だめです。
電流容量が不足する場合は、放熱対策をするか、出力にトランジスタを接続するなどしてください。
参考資料:三端子レギュレータの使い方
-------------------------------

これには、へぇ...と思ってしまいました。
現実、過去に同様の回路を組んで動作させていたからです。

これは、
-------------------------------
Q1 2電源回路に三端子レギュレータを使うと、どちらか一方しか動作しないのですがなぜでしょう。
A1 出力端子に外部から電源が供給されると IC は動作しなくなります。
2電源方式の場合はどちらか一方が先に立ち上がると負荷を通してもう一方の ICに逆の電圧が供給されてしまいます。
この状態になると IC は動作しなくなります。
なお、一旦この状態になると全ての端子に加わる電圧がゼロになるまで回復しません。
出力端子に逆電流が流れないように順方向電圧の小さなダイオード(ショットキ・バリア・ダイオードなど)で保護してください。
--------------------------------
ここらへんが理由だろうか。


前回の意味不明な調べ物も含め、電源周辺の調べ物をここ最近しています。
マイコンカーに直接関係あるか と言われると謎ですが。

基本素子なので、基礎知識は覚えたいですよね。
スイッチング素子では得られない安定した出力を得られる良い素子。
まだあと10年(適当すぎ)は無くならないでしょう。

しかし、「三端子レギュレータは 1〜3MHz 付近で発振します」というのも驚きだった。もっと低周波だと思っていた。
posted by Gouranga at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。